デビットカードとクレジットカードの違いについて

クレジットカードには審査がある

クレジットカードは審査を経て加入が認められ、交付されるものです。カードを提示して、加入したカード会社に料金や代金を代わりに立て替えて支払ってもらうことが可能になります。締め日の次月に一括払いはもちろんですが、次月以降に分割して支払うこともできますし、毎月一定の金額で支払うリボ払いも選択できることがあります。規約で決められていれば、ボーナス時期まで繰り延べして一括払いすることも可能です。ただし、信用情報の記載に問題のある情報が多い人や、基準に満たない場合には、審査落ちして加入が叶わないケースもあります。

デビットカードは審査がないものもある

デビットカードは預金口座のキャッシュカードと一体になっていることが多く、銀行窓口やATMを使わなくても口座から決済ができるサービスです。そのため、多額の利用をする際には事前に残高を確認し、十分な金額を入金する必要があります。支払いでクレジットカードの国際ブランドのシステムを利用して決済するため、クレジットカードと混同する方がいますが、あくまでも口座の残高の範囲内でしか利用ができませんし、一回払いしか選択できないので注意しましょう。決済したその場でお金が引き落とされることが多いです。残高の範囲で決済するため、審査はない場合が多く、高校生でも保有できますので、お小遣いの範囲内で通販サイトで本を購入したり、ゲームの課金をすることもできるでしょう。

デビットカードを利用する際の注意

総合口座についているデビットカードの場合は、当座貸越機能が付いていることがあります。残高を超えていても自動で立て替えられる便利な機能です。後日に差額を支払ったり、後から現金を補充すると自動的に立て替えた分が支払われたりするのですが、クレジットカードの加入の時と同じように審査があると考えた方がいいでしょう。債務整理や延滞等の情報が、信用情報に記載されている場合には、デビットカードに申し込んでも通らないことがありますので、立替払いの機能が付いていない預金口座を選ぶといいでしょう。また、審査が必要ないデビットカードでも、残高が十分でなくて決済ができない場合には、信用情報に決済不能の状況が記載されることがあります。信用情報に悪い情報が記載されると、クレジットカードだけでなく、住宅ローン等の借入審査にも影響がある場合がありますので、くれぐれも残高の確認は怠らないように気をつけてください。

決済代行サービスとは手数料を払い代わりに決済をしてもらうサービスですが、中小では難しいクレジットカードやコンビに払い決済が利用できたり、購入者の利便性を高めて商売がしやすくなります。