高校卒業資格を取るための3つの方法とは?

高校を出ていなくても高校卒業資格は取れる?

様々な事情で高校を出ていない、または中退してしまった人は高校卒業の資格を持っていません。しかし、社会で働いていくには高校卒業資格を持っていないと不都合な場面も多々あります。それでは、高校を出ていなくても高校卒業資格は取れるのでしょうか?もちろん、高校をもう一度受験し、学校生活を送り卒業すれば高校卒業資格を得ることができます。しかし、もう働いているなどの事情があるとなかなか3年間学校に通うことは難しいですよね。それでは、高校を出ずに高校卒資格を得るにはどのような方法があるのでしょうか。

定時制や通信制の高校を卒業する方法

高校は昼間に学校に通うタイプ以外に、通信教育でレポートや試験を受けて卒業するタイプの通信制高校や、夜など限られた時間に通学する定時制高校などが存在します。このようなタイプの高校を卒業することで高校卒業資格を得ることができるのです。通信制高校は基本的には自宅学習でレポートなどを作成し、学校に送って単位を取得していきます。試験や年に何度かあるスクーリング学習では所定の学校や施設に通う必要がありますが、ほとんどが自宅で行えるため時間に余裕がない社会人の方でも仕事と学習を両立することが可能です。定時制学校の場合は、主に夕方から夜にかけて学校に通います。平日はほぼ毎日通学することになるので、夜の時間を確実に確保できる場合にはこちらのタイプも選べるでしょう。

高卒認定で高校卒業資格と同等の資格を得よう

時間が取れない、とにかくすぐに高校卒業資格がほしいという方には高卒認定を受ける方法があります。これは定められた科目の試験を受け、合格すると高校卒業資格と同等の学力が認められたという制度になる制度です。この認定を受けることで、高校卒業後でしか入れない大学や専門学校を受験する権利などを得ることができます。注意点として、高卒認定を受けたとしても高校卒業資格を得たことにはならないのでその後学校に進学しない限り、公式な書類での最終学歴は中学卒業となります。最終学歴を高卒にしたい場合は、通信制、定時制の高校を利用しましょう。

高校卒業資格とはその名の通り高校を卒業した者に対して与えられる資格のことで、「高卒資格」と略されることが多いです。