相続税の相談をどこにするべきであるのか!その対策に関して

少しでも相続税を軽減させること

相続税と言うのは、支払う必要がない人も多いです。それはそこまでの財産がない人は控除額のみでクリアしてしまうことになるからであり、これは有難いことでしょう。しかし、そこそこの財産がある人はどうしても課税されてしまうことがあります。そうならないように、とまでは難しいのですが、いくらか軽減できる方法がありますから、それは上手く活用すればよいでしょう。そうした方法を税理士はいくつも知っていますから、しっかりと相談しましょう。

贈与をすることによって財産が

相続とは基本的に卑属に財産を譲り渡すことです。それは死亡が一つの契機になりますが、その前から譲り渡しておくこともできます。生前贈与という形になるのですが、これが非課税分があるのです。毎年、110万円までは問題ない、と言う事になっていますから、それを毎年やっていくとよいでしょう。そうすればどんどん相続財産をかなり減らす、正確に言えば卑属に非課税で渡していくことができるようになります。これをやっていきましょう。

不動産を経営していくことについて

不動産を購入して、それを経営していく、ということが相続税対策になります。具体的にいいますと評価下がることになります。現金ではなく、不動産ですから価値は下がるのです。1億円の物件を購入したからといって別に課税される評価額が1億円ではないのでこれが節税対策になります。良い方法であるといえますから、これはしっかりと実行しましょう。しかし、これには莫大な費用が最初にかかる、というネックもあるのです。それは知っておきましょう。

相続の申告を税理士に依頼するには、担当税理士が相続税を合格してるか確認しましょう。税理士によっては、免除申請で任命されてる場合もあり、彼らは専門知識があまりありません。注意しましょう。