ついに自己破産を選択するときがきてしまった・・・

自己破産とはどんな制度ですか?

自己破産、この言葉を聞くだけで気分が重くなります。しかし、現在の日本ではこの問題と向き合わなければならない人が大勢いらっしゃるのが現状です。誰にとっても他人事ではありません。自己破産とは、借金に苦しむ人を救済するために、国が設けた制度です。裁判所が破産の決定を行います。その時点で、自己破産をした人は生活に必要な物を除いた財産を失ってしまいます。そのかわりにすべての債務、つまり借金が免除され、借金から解放されるのです。自己破産までの流れをおおまかに説明します。まず、裁判所が借金の返済は無理と判断した人、要するにどうしても借金を返せない人が、裁判所に自己破産の申し立てを行います。そして、破産宣告を受け、その後さらに免責の申し立てを行い、免責を受けられるようになる、ここまでが自己破産が成立するまでの過程です。

自己破産に費用はかかる?

自己破産は債務で苦しんでいる人たちを助けるための制度です。でも、残念ながら無料で手続きなどができるわけではありません。自己破産でかかる費用には、まず裁判所に支払わなければならない費用があります。これは、借入先の数や負債額、自己破産の種類、そして裁判所によっても違いがあります。収入印紙の代金、郵便切手の代金、そして予納金などです。さらに、自己破産しようとする人を悩ますのが弁護士費用です。こちらも借入先の数や負債額などによって費用は異なります。もちろん、弁護士事務所の設定金額にも違いがあります。ですから、相場はあるようで実際のところはない、というのが実情のようです。それでもあえてこの程度かかるといわれている金額を挙げれば、着手金と実費、手数料などで20万円から40万円、これに成功報酬が20万円から40万円、総額としては40万円から80万円、このくらいはかかるといわれています。

自己破産してしまったら通常の生活はできなくなる?

自己破産は、債務つまり借金で苦しむ人たちを救済するためにあります。自己破産後は、当たり前の生活ができなくなると思っている方も多いと思われますが、もちろん違います。自己破産の制度は、むしろ再起を促すための制度だからです。自己破産後の収入も本人が使えるものです。自己破産について職場などに報告する義務があるわけでもありません。確かに生活するうえで不利益はあります。一定期間ローンを組んだり、クレジットカードを使用したりすることはできません。他にも、自己破産の申請をしてその手続きが終わるまでの期間は自由が制限される、といったことなどもあります。ただし、どのような制限も生涯続くことはありません。自分から周囲の人に話さなければ、自己破産したことを知られることもまずありません。大切なのは、生活の立て直しに集中することです。そのために自己破産の制度はあるのですから。

自己破産のリスクに対処をするには、前もって司法書士や弁護士などのプロと話し合いをすることが欠かせません。